八千代市で地域猫活動を進める「やちよ地域ねこ活動」の活動の歩み
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 秋葉市長との対話
2015年11月11日 (水) | 編集 |
なかなか更新の記事を書くj時間がなく、報告が遅くなりました。
10月24日(土)秋葉市長と対話することができました。
やちねこからの要望は2つ。
1:八千代市役所に「地域猫活動」の担当課を設けてほしい。

現状は健康福祉課。健康福祉課は、習志野保健所に協力して、狂犬病の予防接種を行っている。野良猫の苦情も受け付けている。「地域猫」はどうなのかといえば、一応対応 といったところである。窓口に行くと、話は聞いてくれるが、それだけである。それ以上は閉ざされていると感じる。宙ぶらりんの「地域猫」である。

2:不妊去勢手術の助成金について

地域猫活動の活動内容のひとつにTNR(捕まえて、不妊去勢手術を行い、元の場所に戻すこと)がある。地域住民がTNRしたくても、高額な費用を自治会や町会で捻出できないために、活動が始まらない。
飼い主のいない猫(地域猫活動)を対象にした「千葉県」の不妊去勢事業があるが、県内でわずか100頭なんてあっという間に終了になってしまうのは当然で、今年度も募集から2か月以内で定数に達し、打ち切りになってしまった。
また、個人で、善意から手術を行う人も多いが、その経済的負担が大きいことから、継続していくことは非常に厳しい。

対する秋葉市長のお答は、
1:健康福祉課は人間の健康を・・・以下、省略。
で、「地域猫」については・・・と、新たな方向性を指し示すものであったが、明らかなことではないため、わからない。
 
2:助成金に対しては、どんな展開でどんな結果であったっけ。
市長が「う~ん」とうなっていたので、こちらも「う~ん」であった。(。>ω<。)ノ 市長からパブリックコメントの話が出たときは、なんとか自分たちでやるしかない!かと思ったが、市のホームページを見ると今は受け付けていないし、市が募集するパブリックコメントに合致していなければならない。「地域猫」の出番はあるかいな~?
ただ、近隣他市の状況を資料で説明し、八千代市が何も始めていないことは伝えられた。

90分間の対話であったが、終わった後の1週間は満足だった。
市長は親身に話を聞いてくれ、話もしていただいた。
でも、日にちが経つと何が決まったのか、はてなである。
やちねこ号の漂流は続くのか
市長対話




 1%支援制度 ありがとうございました。
2015年10月30日 (金) | 編集 |
八千代市が設けている1%支援制度の結果が届きました。

1%支援制度とは、市民活動団体支援金交付制度 です。

結果は、とてもとても ありがたいものでした。

希望の申請額に達していました 選択届を出して下さった人数も想像を超えてました

少人数で、しかも現役で仕事をしている人も少ない「やちねこ」ですから、期待はしていませ

んでした。だから余計に、この結果通知を見たとき、目を疑いました。

頬をつねるほどの感慨でした。

メンバーに伝え、みんなで喜びました。

もちろん、期待を込めて、選択届を出してくださった方が多いと思いますので、その期待に応

えられるように励んでまいります。

感謝申し上げます。ありがとうございました

引き続き、ご支援いただけますよう、よろしくお願いいたします。(^-^)/
ならんでneko
なんてまあ、いいお顔をしているのでしょう。“生きている”って顔だ!

 今年もサポセン祭りです!
2015年10月11日 (日) | 編集 |
第12回八千代市市民活動サポートセンター祭り
日時:11月1日(日)10時~16時
場所:フルルガーデン八千代 噴水広場

主催:八千代市民活動サポートセンター祭り実行委員会・八千代市
31の市民団体が日頃の活動を紹介します。
各ブースのパネル展示、スタンプラリー、ポスターコンクール、ステージ発表などなど楽しいことがたくさん用意されています。
やちねこもブースでパネル展示や相談会を行います。
14時過ぎにはステージでオリジナルソング「地域猫って知ってるかい?」を歌います。
一緒に楽しみましょう\(^o^)/
お待ちしていま~す。

ブログ用
よろしくおねがいしますニャン。それと、コメント受付はしばらくシニャイ。時間ニャイ。相談などは上記までCALL下さい。

 お怒りのコメントをいただいて
2015年10月01日 (木) | 編集 |
前回のブログの記事にお怒りのコメントが届きました。
以下、抜粋
『住民のいる地域ですら、進んでいない地域猫活動ですよね?住民がいる、いないは関係ないのではないですか?住民のいる地域でTNRされると、地域猫活動の邪魔になると思っていらっしゃるようにしか取れません。』

前後は長くなるので省略しました。
国や県が推奨する「地域猫活動」の基本にのっとって、やちねこは活動しています。
この「地域猫活動」は、住民主体の活動です。
よって、『住民がいる、いないは関係ない』ではないのです。
また、『住民のいる地域でTNRされると、地域猫活動の邪魔になると思っていらっしゃるようにしか取れません。』
についてですが、そういう言い表し方を私はしていません。
河川や公園の話をしています。
ただ、住民ではない部外者の人がTNRをした地域では、住民の活動の芽が育ちにくいと感じています。
ヽ( ´_`)丿小生、小心者なので、お手柔らかにお願いいたします。

 秋の夜長に想うこと
2015年09月26日 (土) | 編集 |
こんばんわと書くべきか、おはようと書くべきか・・・周りは漆黒の闇の世界です。
今朝は6時に起きたので、眠たいはずなのだが、安眠の時間は後にしないと、なかなかブログの更新もできない。
家の中では、我が家の猫たちのここちいい寝息が聞こえる。
ほっとするとともに、今、安心して寝ていることに感謝の念が起きる。
数匹それぞれいろいろ物語があった。
たいして長くもない物語だが、生きるか死ぬかをくぐりぬけてきた子ばかりだ。
季節が冷たい風を運び始めると、外でひっそりと一日一日を死と隣り合わせで生きている野良猫たちを哀れに思う。
私は「地域猫活動」に特化した活動をしている。
地域猫は、住民が住んでいる地域で起きた野良猫トラブルを解決するために、ある。
飼い主のいない猫たちを地域で管理することで、トラブルを減らし、4から5年と言われる寿命を全うさせ、自然な数の減少を促すことも目的である。
この場合の「地域」とは、単なるエリアではなく、「地域社会」を指している。
何が言いたいかというと、住民のいない公園や、河川などには手が及ばないということだ。
TNR(捕獲して不妊去勢手術し、もとの場所に戻す活動)を熱心にされる方がいるが、住民のいる地域より、「地域猫活動」の手が及ばない公園や河川の猫たちに目を向けてほしい。
管理されていない場所で手術をしたら、そのあと、安否確認やごはんが食べれているかまでできたら、見守ってほしい。
TNRの活動家さんに頭の下がる想いを持っていますが、よろしくお願いします。
また、公園や河川でごはんだけをかわいそうだとあげる人たちが多いのも事実だ。
お金がかかるから手術まではできないと、ごはんだけあげる人がいるが、いずれ生まれるであろう子猫たちの世話が一生できないなら、考えてほしい。


前回のセミナーのあと、町会に有志たちが現れたと聞いたが、「町会がやらないなら、自分たちの金銭面の負担になる」とぽしゃってしまった。不満は言ってもお金は出さんということのようだ。
深夜の書き物は翌朝読んで、冷や汗たら~っとすることがあるが、そうなるかも・・・
こねこDSC00805


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。