八千代市で地域猫活動を進める「やちよ地域ねこ活動」の活動の歩み
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 秋の夜長に想うこと
2015年09月26日 (土) | 編集 |
こんばんわと書くべきか、おはようと書くべきか・・・周りは漆黒の闇の世界です。
今朝は6時に起きたので、眠たいはずなのだが、安眠の時間は後にしないと、なかなかブログの更新もできない。
家の中では、我が家の猫たちのここちいい寝息が聞こえる。
ほっとするとともに、今、安心して寝ていることに感謝の念が起きる。
数匹それぞれいろいろ物語があった。
たいして長くもない物語だが、生きるか死ぬかをくぐりぬけてきた子ばかりだ。
季節が冷たい風を運び始めると、外でひっそりと一日一日を死と隣り合わせで生きている野良猫たちを哀れに思う。
私は「地域猫活動」に特化した活動をしている。
地域猫は、住民が住んでいる地域で起きた野良猫トラブルを解決するために、ある。
飼い主のいない猫たちを地域で管理することで、トラブルを減らし、4から5年と言われる寿命を全うさせ、自然な数の減少を促すことも目的である。
この場合の「地域」とは、単なるエリアではなく、「地域社会」を指している。
何が言いたいかというと、住民のいない公園や、河川などには手が及ばないということだ。
TNR(捕獲して不妊去勢手術し、もとの場所に戻す活動)を熱心にされる方がいるが、住民のいる地域より、「地域猫活動」の手が及ばない公園や河川の猫たちに目を向けてほしい。
管理されていない場所で手術をしたら、そのあと、安否確認やごはんが食べれているかまでできたら、見守ってほしい。
TNRの活動家さんに頭の下がる想いを持っていますが、よろしくお願いします。
また、公園や河川でごはんだけをかわいそうだとあげる人たちが多いのも事実だ。
お金がかかるから手術まではできないと、ごはんだけあげる人がいるが、いずれ生まれるであろう子猫たちの世話が一生できないなら、考えてほしい。


前回のセミナーのあと、町会に有志たちが現れたと聞いたが、「町会がやらないなら、自分たちの金銭面の負担になる」とぽしゃってしまった。不満は言ってもお金は出さんということのようだ。
深夜の書き物は翌朝読んで、冷や汗たら~っとすることがあるが、そうなるかも・・・
こねこDSC00805
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。