八千代市で地域猫活動を進める「やちよ地域ねこ活動」の活動の歩み
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 やちよ地域猫セミナー
2015年05月31日 (日) | 編集 |
やちよ地域猫セミナー開催yjimage.jpg
日時:6月27日(土)13:30~16:30

場所:八千代市福祉センター(八千代市役所 隣の建物)

内容:
「千葉県における飼い主のいない猫の状況」・・・習志野健康福祉 セ ンター 指導員
「地域ねこ活動について」 ・・・やちよ地域ねこ活動 代表 鈴木                「三者協働と地域ねこ活動」 ・・・ NPO法人ねこだすけ 代表理事  工藤 久美子氏

後援:ふなばし地域ねこ活動
入場無料

相談会もあります。
猫の好きな人も嫌いな人も地域ねこ活動に関心のある人も、どなたでもお気軽にお越しください。
問い合わせ:070-5555-1794 鈴木

海外でも講演に呼ばれる工藤 久美子氏の話を聞ける好機ですので、お聞き逃しなく
スポンサーサイト

 街頭活動を行います。
2015年05月24日 (日) | 編集 |
6月の街頭活動
 場所:八千代緑が丘駅
 日時: 6月13日(土)13:00~15:00
      6月15日(月)10:00~12:00

やちねこリーフレットの配布と募金活動を行います。
募金の使途は普及・啓発と実施のサポートに生かします。
具体的には、紙代や印刷代、インク代などの活動資金です。

お声をかけてください。
よろしくお願いいたします。

 地域ねこ活動って?
2015年05月23日 (土) | 編集 |
先回、猫をめぐる人々について書いてみた。

地域ねこ活動以外は、動物愛護活動です。

そう、この活動は動物愛護というよりも地域の環境活動に位置している。

動物愛護というと、好きな人(乱暴な言い方だが)による活動となるが、この活動は好きな人も嫌いな人も無関心な人も誰でも始められるところが大きく異なる。そして、みんな(猫も含めて)に益になるという成果をあげる。

環境活動は、街づくり活動とも言い換えられるかと思う。

いつ、どこで、だれが、なんのために、なにをするか?

いつ・・・野良猫がやってきて、住み着いたときから始められる。
または、野良猫をめぐって、住民間でトラブルが発生したときから始められる。
時間が経つとあっという間にオスメスの2匹から20匹になる。(出産数によっても変わるが1年で10倍とか)

どこで・・・自分の住んでいる地域で。

だれが・・・地域住民が主体となり、行政(保健所や市役所の所管)・やちねこのようなボランティアと三者で協働して

なんのために・・・トラブルの軽減と数年かけて飼い主のいない猫をなくす。
         「飼い主のいない猫」とは野良猫と地域猫のこと。
         千葉県のガイドラインにはこのように記述してある。
         
猫をなくすという表現には胸が痛みますが、「一代限りの生を全うさせる」とも記述されているので、日本のような管理社会が生んだ活動なんだなあと複雑な気持ちにはなる。排除するのではなく管理なんですね。
ここで、ひとこと 「一代限りの生を温かく見守りましょう」

なにをするか・・・猫の情報収集から始まって
         1 不妊去勢手術
         2 トイレの設置やうんちの掃除
         3 ごはん
         4 活動報告(地域住民への周知や行政への報告)
活動開始時と経過や終了報告などを地域住民に周知し、自分たちの地域の問題と認識する為にも

今夜は「地域ねこ活動って?」について書いてみました。

ひとりでも多くの方に知っていただきたいのです。


 自治会連合会総会
2015年05月20日 (水) | 編集 |
5月17日(日)八千代市役所にて自治会連合会総会が開かれた。
たまたま他人の古新聞の中に「自治会だより」を見つけたのだ。
その最後尾に「総会のお知らせ」の記事を見つけたときは、「おおお!!」と心躍った。
ここで何かしなければと。

健康福祉課には6月27日の「地域猫セミナー」に向けて、自治会宛にセミナーのチラシ配布をお願いしていたが、却下されていた。どうも協力的な姿勢は期待できないようで・・・けれど、千葉県が出している「地域猫活動」のチラシにはOKが出ていた
「地域猫活動」の千葉県のチラシと同時にやちねこのセミナーのチラシをつければ、まさに効果的である。
ここは、市議会議員様にひと肌脱いでいただくしかない。

結果、受付で配布できることになり、(ヒャッホー)100セットを用意した。
セット作りが終わったのは、12時近かった。

当日は受付に置いて「よろしく頼みます。ほな、さよなら」かなと思っていたが、自分で手配りすることになり、しかも邪魔しないように配らねばならなかった。実際は、邪魔したと思います。すみませんでした。
100人どころか、130人は来られていたし、午後もあって「うそ~」と増刷に走ったが、バラ園の開園で交通渋滞に泣かされ、増刷分はお蔵入りに・・・なりました。

ま、100枚のセミナーのチラシや「自治会・町会・地区用の取り組み方」「取り組み事例」のチラシは配布されたのだから、
「種は蒔いた」  芽が出るかもしれない
と、よし とすることにした。

またまた、深夜に突入だ。おやすみごろりん

 猫をめぐる人々
2015年05月14日 (木) | 編集 |
千葉県が発行している>「地域ねこ活動に関するガイドラインの中に書かれていること。
以下、抜粋

動物愛護団体・個人の取り組みは主に3通りに分類することができます。
地域ねこ活動
地域ねこに至らない不妊去勢手術活動
捨てねこ保護活動


抜粋はここまでで、詳細な記述は省略しましたが、他に里親探し活動もありますし、飼い主のいないねこをめぐり、少なくても4種類の活動があると思います。みな、ボランティアで、志が強い。
この活動、いっしょくたに思っている方が多いと感じます。
特にいただく電話相談で、感じます。

やちねこは①の地域ねこ活動です。
①以外については、野良猫の不妊去勢手術のサポートはします。捕獲器の貸し出しや、方法を伝えたり、病院の紹介などです。
里親探しは病院にチラシを貼付したり、インターネットのサイトがあるようだとお伝えするくらいしかできません。
「子猫が生まれたけど、そちらで引き取っていただけますか?」などのお問い合わせが多いのですが、申し訳ないですが、受けることはできません。里親探しは保護された方にお願いしています。

野良猫に不妊去勢手術をしたら、次は何をされるのかをお聞きします。
ここからが、地域ねこにつながるか、つながってほしいと受話器を握りながら思います。
電話を下さる方は、みなさん、野良猫がかわいそうと思って、手術にふみきろうとしています。
手術も当の猫にとっては大変な負担です。
術後、もとの場所に戻すのなら、地域の住民から理解と協力を得られる地域ねこにし、その1代限りの生を地域で見守ってあげるほうがいいと思いませんか

きょうは、いただく電話から感じることを書いてみました。
大変!こんな時間!おやすみなさい

 やちよ地域ねこ活動のこと
2015年05月11日 (月) | 編集 |
「やちよ地域ねこ活動」って?
千葉県八千代市を活動拠点とする「地域猫活動」のボランティアグループです。
発足は2014年1月
メンバーは正会員、賛助会員合わせて15人 力強い仲間です。
活動主旨
  「八千代市において地域ねこ活動が周知されるよう、啓発活動を行い、この活動によって、野良猫トラブルが解決し、人と猫とが安心して暮らせる街づくりに貢献します」
やちねこ

この1年間は2回のセミナーと毎月の駅前などでの街頭活動、市民活動サポートセンター祭りやお声をかけていただいたイベント参加を通して、普及啓発に力を入れてきました。
また、八千代市役所 健康福祉課にも通っております。
そこで地域猫という言葉だけでもいかに知られていないか、誤解されているか痛いほど味わっています。
まだ地域猫は誕生していません。これからです。

 初めまして、やちねこです。
2015年05月10日 (日) | 編集 |
なかなかブログを立ち上げてもパソコンに向かえませんでした。
今夜こそ、の気合でキーボードを叩きます。

初めまして。
やちよ地域ねこ活動 通称やちねこです。
前身のブログをご覧になられていた方もいるかと思います。
広報係りさんにお願いしていましたが、自ら発信したいと一念発起致しました。
勤め人のため、朝食のパンをかじりながらPCをチェックしたり、週末の夜に記事を書く生活になりそう。
書きたいことは山ほどありますが、ご挨拶で初回はおしまい。

これから、よろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。